【ソウル共同】韓国統一省は25日、北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所に北朝鮮側の人員が一部復帰したと明らかにした。北朝鮮は22日、同事務所からの撤収を通知し、人員も引き揚げていた。北朝鮮側は撤収と復帰の理由について韓国側に明確に説明しておらず、行動の真意は不明だ。

統一省によると、北朝鮮側は25日午前に同事務所に出勤し、韓国側に「通常通り勤務するために来た」と説明。同日午前と午後の2回、南北の実務者間で定例の協議が行われた。

ただ、北朝鮮側はこれまで約10人が勤務していたが、25日は4~5人だった。

…続きを読む

    関連記事