米財務省は21日、国連安全保障理事会決議などに違反し、北朝鮮の制裁逃れを支援したとして、中国の海運企業2社を独自制裁の対象に追加すると発表した。北朝鮮を巡る追加制裁は、物別れに終わった2回目の米朝首脳会談後初めて。

同省はまた、洋上で石油などを受け渡す「瀬取り」をしている船舶など、計67隻のリストも公表。ロシアなど他国船籍の船も含まれる。

ムニューシン米財務長官は声明で「北朝鮮との違法な取引を隠そうとしている海運会社は大きなリスクにさらされることを明確にする」と表明。「北朝鮮の非核化を達成するためには安保理決議の完全な履行が不可欠だ。財務省は制裁強化を続ける」と強調した。

    関連記事