人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

こんにち、朝鮮半島の緊張状態を緩和し、恒久的で強固な平和を実現するのは大勢の流れだけでなく、国際社会の一致した要求である。

周辺諸国をはじめ、世界の多くの国と国際舞台で朝鮮半島と地域情勢の肯定的発展に支持を表し、対朝鮮制裁措置の解除を主張する声がより高まっているのが、それに対する明確な実証となる。

にもかかわらず、日本は大勢に逆行して対朝鮮圧迫を鼓吹している。

日本が自分らの情勢激化策動に地域外の国々をやたらに引き入れる理由は、他にあるのではない。

周知のように、日本は白日の下にさらけ出された軍事大国化と海外膨張の野望によって、久しい前から地域内の国家から孤立し、排撃された状態にある。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

これに、朝鮮の主動的な措置によってもたらされた情勢緩和の気流は平和破壊勢力としての日本の醜悪な正体を浮き彫りにし、島国の再侵略策動にも暗い陰を投げている。

これに危惧(きぐ)を感じた日本が、これ以上因縁をつける所がないアジア太平洋地域を越えて他の地域へ「協力」の手を差し出し、なんとしても不利な境遇から脱するためにあがいているのである。

    関連記事