【ワシントン共同】米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は11日、ワシントンの会合で、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の再会談が事実上決裂したことを巡り「外交はまだ非常に活発だ。期待した前進は遂げていないが、北朝鮮のカウンターパートと深く関わっている」と強調した。

北朝鮮が「人工衛星運搬ロケット」発射を準備しているとの観測が出る中、早期に実務協議を再開し、軍事的緊張が再び高まるのを回避したい思惑がありそうだ。

ビーガン氏は3回目の首脳会談の可能性についても「(対話の)ドアは開いている。大統領は3回目の会談を排除していない」と指摘した。

…続きを読む

    関連記事