北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が2017年2月にマレーシア・クアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシア当局は11日、実行犯として起訴されたインドネシア国籍のシティ・アイシャ氏を釈放した。同日、高等裁判所で開かれた公判で、検察側が起訴を取り下げた。

マレーシア当局は起訴取り下げの理由を明らかにしていない。

金正男氏は、アイシャ氏とベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告によって顔に神経剤のVXを塗られ、殺害された。マレーシア検察は2人が殺害計画を知っていたと見て殺人罪で起訴したが、アイシャ氏らは「テレビの撮影と聞かされていた」として無罪を主張。ただ、VXを塗ったことは認めており、仮に計画を知らなかったとしても、過失致死での有罪は免れないと見られていた。

    関連記事