北朝鮮で10日に予定されている最高人民会議第14期代議員選挙のための中央選挙委員会は6日、「代議員候補者の推薦、登録が成功裏に行われた」と発表した。朝鮮中央通信が7日付で伝えた。

発表によれば、「最高人民会議第14期代議員候補者の推薦、資格審議のための選挙人会議では最高指導者金正恩党委員長の思想と指導に忠実に従って社会主義祖国の富強・発展と人民の幸福のために献身的に闘っている労働者、農民、知識人、人民軍軍人、活動家を最高人民会議代議員候補者に推薦した」という。

同通信の報道全文は次のとおり。

中央選挙委が代議員候補者登録関連の報道を発表

【平壌3月7日発朝鮮中央通信】朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第14期代議員選挙のための中央選挙委員会は、代議員候補者の推薦(すいせん)、登録が成功裏に行われたことで6日、報道を発表した。

報道によると、最高人民会議第14期代議員候補者の推薦、資格審議のための選挙人会議では最高指導者金正恩党委員長の思想と指導に忠実に従って社会主義祖国の富強・発展と人民の幸福のために献身的に闘っている労働者、農民、知識人、人民軍軍人、活動家を最高人民会議代議員候補者に推薦した。

最高人民会議第14期代議員選挙のための全国の全ての区選挙委員会では、各級人民会議代議員選挙法に従って推薦された代議員候補者を当該の選挙区で選挙する最高人民会議代議員候補者に登録した。

中央選挙委員会は、全国全ての選挙区の選挙人会議で推薦された最高人民会議代議員候補者を当該の区選挙委員会が最高人民会議代議員候補者に正確に登録したことを発表した。---

    関連記事