同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長がベトナムへの公式親善訪問を終えて帰国

【平壌3月5日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である敬愛する最高指導者金正恩同志が、ベトナムに対する公式親善訪問を成功裏に終えて5日、祖国に到着した。

敬愛する最高指導者を迎接するために、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である金永南、崔龍海、朴奉珠の各氏をはじめ、党と政府、武力機関の幹部が駅に出ていた。

また、駐朝ベトナム大使館員が駅に出ていた。

午前3時、敬愛する最高指導者が乗った専用列車が平壌駅の構内に入った。

敬愛する最高指導者が列車から降りると、朝鮮人民軍名誉儀仗隊長が迎接報告をした。

金正恩同志を迎接する儀式が、平壌駅で行われた。

最高指導者に、少年少女が花束を差し上げた。

党と政府、武力機関の幹部は、最高指導者に熱烈な祝賀のあいさつをして温かく迎えた。

最高指導者は、迎えに来た党と政府、武力機関の幹部と握手し、あいさつした。

最高指導者は歓迎群衆の熱狂的な歓呼に答礼し、愛する全人民に温かい帰国のあいさつを送った。

敬愛する最高指導者と共に、朝鮮労働党中央委員会の金英哲、李洙墉、金平海、呉秀容の各党副委員長、李容浩外相、努光鉄人民武力相、朝鮮労働党中央委員会の金與正、李英植、金成男の各第1副部長、崔善姫外務次官、朝鮮労働党江原道委員会の朴正男委員長と党中央委員会の副部長、朝鮮国務委員会の部長、局長が到着した。---

    関連記事