北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日、来月の最高人民会議第14期代議員選挙を控え、「全国の全ての分区選挙委員会が選挙人名簿を公示した」と伝えた。

同通信によれば、「朝鮮民主主義人民共和国の各級人民会議代議員選挙法に準じて作成された選挙人名簿には、当該地域内に居住する選挙権を持つ全ての公民が登録された」という。

同通信の報道全文は次のとおり。

最高人民会議第14期代議員選挙のための分区選挙委が選挙人名簿を公示

【平壌2月24日発朝鮮中央通信】最高人民会議第14期代議員選挙を控えて、全国の全ての分区選挙委員会が選挙人名簿を公示した。

朝鮮民主主義人民共和国の各級人民会議代議員選挙法に準じて作成された選挙人名簿には、当該地域内に居住する選挙権を持つ全ての公民が登録された。

選挙人は、公示された名簿の正確性いかんを確かめている。---

    関連記事