同紙は、日本反動層の妄動は和解と協力、平和を志向する時代の流れに逆行する危険極まりない戦争狂気であり、過去清算を露骨に回避しようとする反人倫犯罪として絶対に容認されないし、それはむしろ日本の孤立を促すだけだとし、次のように強調した。

こんにち、日本の外交的孤立は彼ら自身がもたらしたものである。

国際社会の総意に顔を背け、過去清算を拒否しながら大勢に逆行する悪行だけを選んで働くためである。

地域で日本が独りぼっちの境遇から免れるための前提条件は一にも、二にも、三にも誠実な過去清算である。

日本は、特大型の過去の罪悪に対する徹底的な反省と謝罪、賠償を回避すれば、国際的孤立から絶対に逃れられないということをはっきりと認識すべきである。---

    関連記事