北朝鮮の朝鮮国際貿易促進委員会が、輸出向けの「商品総合ガイドブック」を新たに出した。朝鮮中央通信が1月31日付で伝えた。

米国との非核化対話が進展し、制裁が緩和された場合の外貨獲得を見据えているようだ。

ガイドブックの説明文は朝鮮語と英語、中国語で書かれ、「国内企業で生産している開城高麗人参製品、絹製品、食品、医薬品、医療機器、銀・真鍮(しんちゅう)製品、被服製品、化粧品、電子製品など一部の製品を紹介している」という。

また、それら製品を生産する企業や工場も紹介し、諸外国に設けられた窓口の連絡先も記載されている。

同通信の報道全文は次のとおり。

商品総合ガイドブック「朝鮮商品」を新しく出版

【平壌1月31日発朝鮮中央通信】朝鮮国際貿易促進委員会が、商品総合ガイドブック「朝鮮商品」を新しく出した。

朝鮮語と英語、中国語で叙述された同書は、国内企業で生産している開城高麗人参製品、絹製品、食品、医薬品、医療機器、銀・真鍮(しんちゅう)製品、被服製品、化粧品、電子製品など一部の製品を紹介している。

同書は、当該商品を生産する工場・企業、会社も紹介している。

関係者によると、同書は朝鮮の企業と他国の企業間の貿易取引を活性化し、合弁、合作および投資取引を行うのに役立つであろう。

同書には、世界の多くの国・地域にある朝鮮国際貿易促進委員会事務所の電話番号もある。

朝鮮国際貿易促進委員会は、国内の企業と他国の地方政府、企業、非政府組織、個別の人士の間の経済協力と交流、合弁、合作および投資誘致を図ることを基本使命としている。---

    関連記事