国連安全保障理事会が、朝鮮戦争戦死者の遺骨を発掘する韓国と北朝鮮の共同事業を北朝鮮制裁の例外とする方針であることが、28日までにわかった。韓国の聯合ニュースが、外交筋の話として伝えた。

南北間で詳細事項の調整が終われば、遺骨発掘に必要な地雷除去装備などが北朝鮮に搬入される見通しだという。

    関連記事