【北京共同】中国の習近平国家主席と彭麗媛夫人は27日、北朝鮮の友好芸術団を率い訪中した朝鮮労働党の李洙ヨン副委員長と北京で会見し、公演を観覧した。今年は中朝国交樹立70周年の節目で、文化交流を通じ両国の伝統的な友好関係を内外に示す狙いがある。中国国営通信の新華社が28日、報じた。

習氏は、朝鮮労働党で外交を統括する李氏との会見で、芸術団の訪中公演を歓迎。「70周年の重要な祝賀行事だ。公演が成功し、両国国民の友好的な感情が深まると信じている」と強調した。

…続きを読む

    関連記事