同通信の一連の報道全文は次のとおり。

労農赤衛軍創建60周年記念中央報告会

【平壌1月14日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党の革命的武装力である労農赤衛軍創建60周年記念中央報告会が14日、平壌の人民文化宮殿で行われた。

金日成主席は、全民武装化の遠大な構想を打ち出してチュチェ48(1959)年1月14日に従来の人民自衛隊を発展的に改編し、より精鋭化した革命的民間武力である労農赤衛軍を創建した。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮国務委員会副委員長である崔龍海党副委員長と崔富一人民保安相、平壌市党委員会の金能五委員長、党中央委員会の李英来部長、民防衛部門の活動家、省・中央機関をはじめ、平壌市内の労農赤衛軍指揮メンバーと隊員が報告会に参加した。

朝鮮人民軍の李永吉総参謀長(陸軍大将)をはじめとする武力機関の活動家が、これに参加した。

記念報告を崔龍海党副委員長が行った。

    関連記事