河原で石を投げて遊ぶ北朝鮮の子どもたち(本文とは関係ありません)
河原で石を投げて遊ぶ北朝鮮の子どもたち(本文とは関係ありません)

お墓を作って墓参りし、泣きわめく祭祀ごっこ

北朝鮮の子供は秋夕(旧盆)にどんな遊びをするのだろうか?

北朝鮮ではコンピューターが普及しておらず、遊園地などの遊び場がないため、韓国の70〜80年代のように、めんこ遊びや鬼ごっこなどの遊びをよくする。だが、食糧難を経験して、北朝鮮の子供達の間で新しく流行った遊びがある。「祭祀(チェサ、法事)ごっこ」と「銃殺ごっこ」だ。

去年、韓国にやってきた新義州(シニジュ)出身の脱北者、キム・ハヨン(仮名34歳)さんは、秋夕の前から子供たちの中で流行る遊びは「祭祀ごっこ」と語った。大人の行動を真似て遊びに取り込む子供達がいるとはいっても、最初は大人たちも驚いたという。

キムさんは「秋夕が近づけば、子供達が掘った土を積みあげ、両親を真似てお辞儀をする遊びが時々見られる」と述べ、「異様なのは、土を積み上げてお墓を作りその前で泣きわめく子供達の姿」と言った。

キムさんは「町の事務所や人民班の会議で『両親が関心を持って、子供達が誤った遊び方をしないように厳しくたしなめなさい』と指摘するほど」と語った。

この祭祀ごっこがいつどこで始まったのかはわからない。だが、昔はなかった祭祀ごっこが見られるようになったのは、墓参り文化を引き継ごうとするためではない。

キムさんは「1990年代の半ばに、住民が飢えて死んでいく姿を見て育った子供達が、葬礼文化を遊びにしたようだ」と語っている。

銃殺ごっこ、子供達の間で流行

北朝鮮で物議をかもしたのは、祭祀ごっこだけではない。2000年代に入り、北朝鮮では子供達が集団や個別の公開処刑をまねて作った「銃殺ごっこ」という新しい遊びが広まったという。

両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)市出身の脱北者、チョ・キョンチョル(仮名40)さんの話は衝撃的だ。

「ある日、職場から帰る途中、アパートの倉庫の下に6、7人の子供が1列に立っているのを見ました。私は鬼ごっこでもするのかと思いました。ところが、前には木の棒を手に持った子供が3人立っていました」

「子供達は棒をわきの間に挟んで、的をねらう格好をしました。鉄砲のように棒を持った子供達が『パン、パン、パン』と銃声をまねた声を出し、倉庫の前に立っていた子供達が1人ずつ倒れたのです。私はあまりに驚いて『こら、お前ら!』と言ったら、子供達は慌てて逃げて行きました」

当時、アパートから見下ろしていた両親が、子供達を見て大声を出して、通り過ぎるお年寄りもとても驚いたという。「鉄砲ごっこ」でもなく、人を銃殺する遊びに、大人たちは衝撃を受けた。翌日、職場に行って同僚にこの事実を伝えたら、同僚たちはその遊びを知らなかったのかと言い、むしろ笑われたという。

平安北道に住む内部情報筋は19日、記者とのメッセージでのやりとりで「最近、子供達が銃殺ごっこをしている。銃声がよく聞こえるためだ」と語った。

公開処刑を見た子どもたちがやり出した「銃殺ごっこ」

銃殺ごっこは1998年から2002年の間に、北朝鮮軍の保衛司令部が全国で集団銃殺を行ったため、流行り始めたという。

北朝鮮で、公開処刑は建国の初期から続いていたが、頻繁に、時には集団銃殺の形態で行われるようになったのは、90年代半ばの「苦難の行軍」の後からだ。金正日は1995年6月から、「銃声を轟かせよ」という指示を下し、公開銃殺による恐怖政治を本格化させた。 1998年から2002年の間に行われた公開処刑は、社会安全部が1人または2、3人ずつ処刑したものとは完全に異なるものだった。目撃者の証言によれば、保衛司令部は1度に10人以上立たせて銃殺したという。

当時、子供たちの間で流行り始めた銃殺ごっこは、平壌にまで報告されて、厳しく阻むようにという内部指示が下されたそうだ。

各地域の人民班の会議で「子供たちの中に現われている非現実的な遊びを禁止させよ」という教育内容が読み上げられた。だが、他の遊びが発展せずに、公開銃殺も続く中、大人が阻もうとしてもやめさせられないと、北朝鮮の人々は語っている。