米国とその追随勢力がわれわれに対してありもしない「人権問題」を執ようにけん伝しているのは、制裁・圧迫の幅を広め、度合いをさらに強めてみようとするところにその不純な目的がある。

米国は、はっきり認識すべきである。

いくら「人権」をうんぬんして謀略騒動に狂奔しても、人民が国家と社会の真の主人になって真の人権を保障してもらえるわが朝鮮の目覚しい現実を絶対に覆うことはできず、自分らの犯罪的な制裁・圧迫騒動を合理化することはできない。

    関連記事