今月5日、北朝鮮の国家安全保衛部は外国人スパイと、彼らに協力した北朝鮮の住民を検挙したというスパイ集団事件について、記者会見を開いて対外的に明らかにした。

北朝鮮政府が今回の事件の発表と同時に、多くの証拠品も公開したが、脱北者の多くはこの事件がでっちあげられた可能性もあると考えている。今まで、同様の事件が頻繁に起きていたからだ。

北朝鮮は各道に「反スパイ闘争展覧館」を作り、スパイ事件に関係した者や証拠品の写真などを展示している。北朝鮮が半世紀間強調してきた「反帝反米闘争の生きた教育の場」がまさにこの展覧館だ。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)清津(チョンジン)の反スパイ闘争展覧館には、金の密輸を行った犯人が、スパイとしてでっち上げられて処刑された事件の写真まである。

ケースその1. 金の密輸犯の家族全員がスパイ集団として追われる

2002年に韓国にやってきた脱北者ハン・チョルジュン氏(仮名)は、咸鏡北道の穏城(オンソン)郡の穏炭(オンタン)労働者区で、同じ人民班(町内会)のある家族が突然スパイとして逮捕された事件を未だによく憶えている。この家族の事件についての資料が、捜査終了後に、反スパイ闘争展覧館に関連写真と共に展示された。

スパイ事件の主人公とされた人物は、咸鏡南道(ハムギョンナムド)咸興(ハムン)在住で外貨稼ぎの事業所に勤めていた平凡な会社員、チャン・キョンミン(仮名)氏だった。穏炭には、彼の両親が住んでいた。

「1988年のことだった。10月のある日の夜9時頃に、チャンさんのお母さんが、なぜか家で使っていた台所道具を持って我が家にやってきた。不思議に思っていたら、チャンさんのお母さんはうちの母に台所道具を渡して『今まで失礼なことがあったとしたら理解して欲しい』と告げた。二人は夜遅くまで話し込んでいたが、翌朝に事件が起きた。チャンさんの家族全員が中国に逃げたというのだった」

しかし、国境を流れる豆満江を渡る途中で、父親と7歳の娘が溺れ死んだ。人民班の会議で「チャン氏の家族はが祖国を裏切った反逆者で、生き残った家族は全員中国から強制送還される」との報告が人民班長からあった。

次は脱北者のハン氏の証言だ。

「数日後、生き残ったチャン氏家族は全員北朝鮮に強制送還された。その後の足取りについては一切わからなかったが、その後に恐ろしいことが起きた。川で亡くなったチャンさんと娘の遺体がむしろにくるまれて、人々が頻繁に通る村の四つ角に埋められた。反逆者なので、人民に踏まれろということだ」

チャン氏は金を密輸して海外への逃亡を図った「祖国の裏切り者」だったが、スパイの容疑については明らかにされなかった。

ところが、証言者のハンさんが事件から2年が過ぎた中学校6年生のとき、学校で清津の反スパイ闘争展覧館を見学する行事に参加した。すると、館内で「反共和国スパイ分子」というキャプションの付けられたチャンさんの母親と生き残った家族の写真が展示されていたというのだ。クラスメートも皆チャンさんの家族を知っていたため、金の密売業者がスパイ扱いされていることに非常に驚いた。

「チャンさんはスパイでなく、金を密売していた業者だった。人民班長も穏城の人々も皆そう理解していた。北朝鮮で金や銀は全て、金正日総書記の手に入るようになっている。それで、金の密売は大罪だ。金の密輸が発覚したら、保衛部(秘密警察)の取り調べを受けることになるため、密かに家族を連れて穏城に来て、両親と弟を連れて脱北しようとしたという事件だったのに」

#ケースその2. 聖書を持っていただけでスパイに

両江道(リャンガンド)普天(ポチョン)郡の佳林(カリム)駅の近くに住んでいたアン・グムスクさん(仮名、逮捕当時24歳)は、1990年代半ばの大飢饉「苦難の行軍」のころに、生き残るために鴨緑江を越えた平凡な北朝鮮の女性だ。

1996年初めに北朝鮮を脱出した後、2回北朝鮮に戻り、ある未亡人の生活費を援助していたアンさんは、3回目に戻った時に、聖書を持って行ったところを北朝鮮の国境警備隊の軍人に逮捕された。

聖書を持ち込もうとしたという罪目で保衛部に引き渡されたが、その後、アンさんは行方不明になってしまった。

2005年に韓国にやってきた両江道出身の脱北者、パク・ミョンチョル(仮名)さんは「北朝鮮は、アンさんが南朝鮮(韓国)の安全企画部(現国家情報院)のやつらが中国黒龍江省に作った宗教学校でスパイの任務を受けたスパイだと宣伝している」と語った。

「両江道の恵山にある反スパイ闘争展覧館には、逮捕当時にアンさんが持っていた聖書もある。北朝鮮当局はアンさんの写真を展示して、展覧館を訪れた人々に、反スパイ闘争の正当性についてのプロパガンダを行っている」

北朝鮮では、中国にいる親戚に故郷の知らせを伝えても、スパイになることがあるとして、中朝国境地域で、住民が携帯電話で韓国にいる家族と通話をして捕まっても、スパイにされる可能性があり、すべては保衛部次第だとパクさんは述べた。

北朝鮮では90年代後半に、社会安全部(警察庁)がスパイを摘発する組職を作り、農業担当書記の徐寬熙(ソ・グァンヒ)や、労働党平安南道委員会の責任書記、労働党平壌市委員会のソ・ユンソク元責任書記などをスパイとして処刑した。いわゆる深化組事件だ。一部には、この時2万5000人の罪のない住民たちが、スパイ容疑で被害を被ったという主張もある。(参考記事:血の粛清「深化組事件」の真実を語る

今回、北朝鮮の保衛部が発表したスパイ事件で言及された現地の協力者も、反スパイ闘争展覧館で、教育の資料として宣伝されている可能性が高い。このような反スパイ闘争展覧館は、平壌と各道に1ヶ所ずつあり、すべて保衛部が管理している。

    関連記事