ラオスのブンニャン・ウォラチット国家主席から21日、北朝鮮の金正恩党委員長から寄せられた建国43周年に際しての祝電に対し、答電を送った。朝鮮中央通信が22日付で伝えた。

ブンニャン氏は答電で「私は、わが両党、両政府間の立派な団結と伝統的な友好・協力関係がラオスと朝鮮の両国人民の利益に即してより強化され、発展して地域と世界の平和と親善、協力に寄与すると確信する」などと述べた。

    関連記事