北朝鮮国営の朝鮮中央通信は9日、李容浩(リ・ヨンホ)外相がモンゴルを訪問し、ダムディン・ツォグトバータル外相と会談したと報じた。

8日に行われた会談で双方は、「朝鮮とモンゴル間の外交関係設定70周年にあたる今年に両国間の交流と協力が各分野で活力あるものに行われたことを評価し、双務関係の発展と国際および地域問題に対する意見を交換した」という。

同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外相とモンゴル外相との会談

【平壌12月9日発朝鮮中央通信】朝鮮政府代表団団長としてモンゴルを訪問中の李容浩外相とモンゴルのダムディン・ツォグトバータル外相との会談が8日、外務省の庁舎で行われた。

会談で双方は、朝鮮とモンゴル間の外交関係設定70周年にあたる今年に両国間の交流と協力が各分野で活力あるものに行われたことを評価し、双務関係の発展と国際および地域問題に対する意見を交換した。

会談には、わが方から朝鮮政府代表団員、モンゴル駐在朝鮮大使が、相手側からモンゴル首相対外政策顧問、駐朝モンゴル大使、外務省のメンバーが参加した。---

    関連記事