北朝鮮国営の朝鮮中央通信は9日、訪中した李容浩(リ・ヨンホ)外相が7日に習近平国家主席、王毅国務院国務委員兼外相と会談したことを伝えた。

同通信によれば、習近平氏は会談で「中朝関係を高度に重視していると述べ、中朝親善関係を発展させようとするのは中国の党と政府の確固たる方針であると語った」という。

また外相会談で双方は「朝中外交関係設定70周年にあたる2019年に伝統的な朝中親善関係をよりいっそう拡大し、発展させることと、互いに関心を寄せる問題について意見を交換した」という。

    関連記事