北朝鮮の金正恩党委員長は4日、前日に死去した金鉄万(キム・チョルマン)氏の霊前で哀悼の意を表した。朝鮮中央通信が5日付で伝えた。

同通信が伝えた布告によれば、朝鮮労働党中央委員会委員で最高人民会議代議員である金鉄万氏は3日、膀胱癌のため死去した。98歳だった。党中央委員会と党中央軍事委員会、国務委員会、最高人民会議常任委員会は同氏の葬儀を国葬として行うことを発表し、金正恩氏を委員長とする国家葬儀委員会を構成した。

抗日パルチザン出身の金鉄万氏は、1989年12月から2003年10月まで約15年間、軍需経済を統括する第2経済委員会の委員長を務めた。

同通信は金鉄万氏の略歴について「1960年代から長期間、朝鮮人民軍の総参謀部と大連合部隊、人民保安機関と軍需工業部門の責任ある職務を歴任しながら、朝鮮労働党の軍事路線を貫徹し、国防工業の現代化を実現するために積極的に闘った」などと伝えている。

同通信の一連の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が故金鉄万氏の霊前に花輪

【平壌12月5日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である金正恩党委員長が、朝鮮労働党中央委員会委員で最高人民会議代議員である金鉄万氏の死去に深い哀悼の意を表して4日、故人の霊前に花輪を送った。---

金鉄万氏が死去

【平壌12月4日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会委員で、朝鮮最高人民会議代議員である金鉄万氏が膀胱癌の治療を受けていてチュチェ107(2018)年12月3日3時20分、98歳を一期に哀惜にも死去した。

金鉄万氏は1920年11月2日、両江道雲興郡の貧農の家に生まれた。

日帝統治の暗たんたる時期、金日成主席が組織、指導した栄光に輝く抗日武装闘争に参加して祖国解放のための聖なる偉業に自分の全てをささげた。

1936年7月から祖国光復会の会員として活動し、1937年7月に朝鮮人民革命軍に入隊した後、少年中隊を経て呉仲洽第7連隊で軍事・政治活動を展開したし、日帝侵略者を撃滅、掃討する戦いで無比の勇敢さを発揮した。

解放後、主席の建軍路線を体して正規的革命武力の建設に積極的に参加し、人民軍の中隊長、大隊長、連隊長として活動しながら、革命武力の強化、発展に献身した。

祖国解放戦争(朝鮮戦争)の時期、朝鮮人民軍の連隊長、軍事副師団長として活動しながら、部隊の将兵を敵撃滅へと巧みに組織、指揮した。

戦後の時期と社会主義基礎建設の時期、朝鮮人民軍の師団長、軍団長、集団軍参謀長を務めた。

1960年代から長期間、朝鮮人民軍の総参謀部と大連合部隊、人民保安機関と軍需工業部門の責任ある職務を歴任しながら、朝鮮労働党の軍事路線を貫徹し、国防工業の現代化を実現するために積極的に闘った。

1966年10月から党中央委員会委員候補、1970年11月から党中央委員会委員として活動し、1976年4月から1981年10月まで、1990年5月から2010年9月まで党中央委員会政治局委員候補、1970年11月から2010年9月まで党中央軍事委員会委員として活躍した。

1962年10月の朝鮮最高人民会議第3期から、代議員として活動した。

党と革命、祖国と人民に積み上げた特出した功労によって金日成勲章と金正日勲章、金日成主席のネーム入り腕時計表彰と金正日総書記のネーム入り腕時計表彰、共和国2重英雄称号と労働英雄称号をはじめ、高レベルの党・国家表彰を授かった。

同氏の死去に関連する朝鮮労働党中央委員会、党中央軍事委員会、朝鮮国務委員会、最高人民会議常任委員会の名義による訃音が、3日に発表された。

訃音は、金鉄万氏は金日成主席と金正日総書記の指導に従って一生を革命の軍服を着て祖国の解放と人民の自由と幸福のために、人民軍と国防工業の強化、発展のために献身的に闘ってきた抗日革命闘士、堅実な老革命家であると指摘した。

革命の1世として生の最後の瞬間まで最高指導者金正恩党委員長の指導に忠実に従う立派な模範を示して人民と人民軍軍人をチュチェの革命偉業を継承し、達成するための聖なる闘いへと鼓舞、激励したと指摘した。

訃音は、金鉄万氏はたとえ死去したが、党と革命、祖国と人民に積み上げた同氏の功績はチュチェの革命偉業の勝利的前進とともに末永く輝くであろうと強調した。---

故金鉄万氏の国家葬儀委員会を構成

【平壌12月4日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会、党中央軍事委員会、朝鮮国務委員会、最高人民会議常任委員会が、故金鉄万氏の葬儀を国葬として行うことを発表し、国家葬儀委員会を構成した。

国家葬儀委員会は、委員長 金正恩、委員 崔龍海、朴奉珠、楊亨燮、李明秀、李洙墉、金平海、太宗秀、呉秀容、安正秀、金英哲、崔富一、盧斗哲、崔輝、朴太徳、金秀吉、李永吉、努光鉄、鄭京擇、任哲雄、趙然俊、李萬建、李炳哲、金能五、金徳訓、李周午、李龍男、董正浩、全光虎、高人虎、金永大、黄順姫、朴京淑、李英淑、李日煥、李哲萬、崔東明、李英来、梁元戸、朴道春、洪承武、弘永七、劉進、姜峯訓、金頭日、文景徳、朴英好、梁正訓、金才龍、朴正男、李煕用、金成日、李象元、姜陽貌、シン・ヨンチョル、チョン・ヨングク、朴鉄民、朱英吉、金昌葉、張春実、趙峻募、徐紅燦、孫哲珠、趙慶喆、リ・ドゥソン、尹東絃、金松哲、許英春、金烔龍、李用柱、呉琴鉄で構成された。

国家葬儀委員会は、故金鉄万氏の霊柩は平壌市普通江区域西将会館に安置されており、5日8時に故人の霊柩を出棺すると明らかにした。---

党、政権、武力機関、省・中央機関の幹部が故金鉄万氏の霊柩に弔意表す

【平壌12月5日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会委員で最高人民会議代議員である金鉄万氏の死去に際して4日、党、政権、武力機関、省・中央機関の幹部が故人の霊柩を訪れて弔意を表した。

最高指導者金正恩党委員長からの花輪が、故人の霊柩の前に置かれていた。

朝鮮労働党中央委員会、最高人民会議常任委員会、内閣、武力機関、省・中央機関、市、区域級機関などの名義による花輪が献じられた。

追悼曲が響く中、弔客らは故金鉄万氏を追悼して黙とうした。

また、故人の遺族に深甚なる弔意を表した。---

    関連記事