北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、韓国の文在寅大統領が金正恩党委員長に「多量の済州島ミカンを、誠意をこめて送ってきた」と伝えた。

韓国の青瓦台(大統領府)は9月に北朝鮮で開かれた南北首脳会談の際、北朝鮮側からマツタケ約2トンを土産として受け取った返礼として、ミカン200トンを今月11~12日に平壌に空輸した。

同通信によれば、金正恩氏はミカンを青少年と平壌市民に配るよう指示したという。

同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長に文在寅大統領から贈物

【平壌11月16日発朝鮮中央通信】最高指導者である国務委員会の金正恩委員長に、南朝鮮の文在寅大統領から意義深い贈物が寄せられた。

文在寅大統領は、歴史的な平壌首脳の対面の際、最高指導者が同胞愛の情を込めてマツタケを送ってくれたことに対する感謝の表しとして、多量の済州島ミカンを誠意をこめて用意して送ってきた。

最高指導者は、文在寅大統領が南の同胞の熱烈な心がこもった贈物を送ってきたことに謝意を表し、青少年学生と平壌市民に伝達することを指示した。---

    関連記事