金正日が不自由だった左手を自由に使う姿が29日、朝鮮中央テレビを通じて公開された。写真は金正日の現地指導を撮影したドキュメンタリーで、金正日が10月8にあるアパートに立ち寄り、両手を使って自然にタンスのドアを開け閉めしている姿。

ある関係者は「北朝鮮が2ヶ月以上も前の映像を公開し、あえて左手を使う場面を挿入した底意が疑わしい。韓国を中心に金正日の健康悪化とそれにともなう急変事態の可能性を言及すると、すぐに北朝鮮は『将軍様は健全』というメッセージを対内外に与えたかったようだ」と話した。

2008年8月に右脳に脳卒中が発生した金正日は集中治療にもかかわらず、身体の左側に後遺症が残り左腕と左足がマヒしている状態だと言われている。c。聯合ニュース

    関連記事