米国務省は7日、理由を明かさずに、ニューヨークで8日に予定していたポンペオ国務長官と北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長の会談を延期すると発表した。

両氏の会談は、非核化を巡る米朝対話の停滞を打開する上で、非常に重要と見られていた。両国は金正恩党委員長とトランプ大統領による2回目の首脳会談を開くことで合意しているが、大まかな日程すら決まっておらず、この点でもポンペオ―金英哲会談が注目されていた。

また、金正恩氏は文在寅韓国大統領の平壌訪問に対する返礼として、近いうちに韓国を訪問する意思を示しているが、これもまた、米朝対話の先行きが見えなければ具体化しない。

それに、今この時期を逃すと、米朝はしばらく対話の場を持つことも難しくなる可能性がある。今月中旬には国連の委員会で、年末の国連総会に提出される北朝鮮人権決議の検討が始まるが、それに合わせ、国際人権団体も北朝鮮の人権侵害に対する追及を強めている。いくら北朝鮮と対話を行っているとはいえ、米国政府がこれに反対するとは考えにくい。

(参考記事:「私たちは性的なおもちゃ」暴露された金正恩時代の性暴力

中間選挙を終えた米国上院でも、北朝鮮の政治犯収容所の問題を追及する動きが具体化するはずだ。

(参考記事:北朝鮮女性、性的被害の生々しい証言「ひと月に5~6回も襲われた」

北朝鮮は人権問題で非難されることを最も嫌っており、米国が対北人権決議で賛成に回れば、強い反発を見せるのは明らかだ。

一方、米大学生のオットー・ワームビアさんが北朝鮮で長期拘束され、昏睡状態で釈放された直後に死亡した問題を巡る損害賠償請求訴訟で、近くワームビアさんの両親が出廷することが決まっている。こうした動きも、米朝対話を見守る米国世論に微妙な影響を与える可能性がある。

(参考記事:北朝鮮が拷問か…死亡の米大学生の歯列変形。米メディアが写真公開

このような重要な時期になぜ、ポンペオ―金英哲会談は延期されたのか。理由は詳らかでないが、両国は先週の段階から神経戦を繰り広げていた。

ポンペオ米国務長官は1日のインタビューで「トランプ大統領の立場は明確だ」と述べ、北朝鮮の非核化が実現するまでは、対北朝鮮制裁は解除されないことを強調した。

これを受け、北朝鮮外務省は2日、クォン・ジョングン米国研究所長の名前で、米国が北朝鮮の善意の措置に対し相応の回答をしなければ、核開発と経済建設を同時に進める「並進路線」への復帰を再考する可能性があると警告する論評を発表した。

ポンペオ氏はこれを「レトリックにはとらわれない」として一蹴していたが、金英哲氏との会談で何を決めるか、水面下での調整が最後までうまく行かなかった可能性がある。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記