北朝鮮軍の代表的な非対象戦力である特殊戦力が20万人に達すると見られている。

国防部は30日に発刊した国防白書のなかで、北朝鮮の特殊戦部隊は20万人に達すると分析し、トンネル、AN-2期などを利用して韓国側の後方地域に浸透し、主要目標の打撃や要人暗殺、後方かく乱などの複合作戦を遂行すると判断した。

北朝鮮の特殊戦部隊は継続的に増加しており、2006年国防白書で約12万人、2008年国防白書では約18万人だった。

白書は北朝鮮の兵力規模について陸軍が約102万人、空軍が約11万人、海軍約6万人など総計119万人と推測し、陸軍は15個軍団、90個師団、70個機動旅団で構成されると明らかにした。

白書は、その他にも北朝鮮軍の機甲・機械化部隊の主軸はT-54/55戦車とT-62戦車を改良した「天馬号」戦車であり、T-72電車をモデルにした新型戦車(抹絡

    関連記事