北朝鮮の朝鮮人権協会は4日、国際人権NGOのヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)が北朝鮮における女性への性暴力実態に関する報告書を発表したことに対し、「政治的謀略策動の一環」であると非難するスポークスマン談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「私たちは性的なおもちゃ」暴露された金正恩時代の性暴力

談話は報告書について「朝鮮半島の平和と安定を願わない敵対勢力が朝鮮のイメージに泥を塗ろうとする政治的謀略策動の一環であり、朝鮮半島の平和と繁栄の流れを逆転させようとする危険極まりない挑発行為である」と指摘。

また「わが国では、女性が男性と同等な権利を行使しており、国家活動と社会生活の全ての分野で女性の発展と権利保護増進のための多くの法律的・行政的措置が講じられている」と反論した。

そのうえで談話は「朝鮮人権研究協会は、今回の『報告書』発表劇がわが国家の自主権と尊厳に対する露骨な侵害になるだけに、『報告書』の作成および発表劇に加担した者とそれに追従している者を明かして朝鮮法に準じて法律的責任を負わせることに関する問題を当該機関に提起した」と明かした。