北朝鮮の金正恩党委員長は3日、訪朝した中国芸能人代表団(団長=雒樹剛文化観光部長)と、北朝鮮の芸術家たちによる合同公演を鑑賞した。朝鮮中央通信が伝えた。

公演後、金正恩氏は舞台に上がり「時間が経つのも忘れる公演、もう一度見たい公演だ」と激賞。「朝中両国人民の熱い情が満ち溢れる公演を見ながら、歴史のあらゆる風波を克服してきた伝統的な朝中親善は今後、いっそう開花、発展するだろうし、その明るい前途を確信するようになった」と強調した。

さらに、「わが人民に大きな喜びを与えるために、中国の有名な芸能人を平壌に送ってこのようにうっとりする公演の舞台を広げるようにし、これに深い関心を払ってくれた敬愛する習近平総書記同志に心からの感謝の挨拶を送る」と述べた。

公演鑑賞には朝鮮労働党の崔龍海(チェ・リョンヘ)、李洙墉(リ・スヨン)の両副委員長と、金正恩氏の妹で党政治局委員候補の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長、朴春男(パク・チュンナム)文化相らが同行した。