北朝鮮国営の朝鮮中央通信は3日、韓国とのスポーツ分科会談が2日に南北共同連絡事務所で行われたと伝えた。

会談には、ウォン・ギルウ体育次官を団長とする北朝鮮側代表団とロ・テガン文化体育観光次官を首席代表とする韓国側代表団が参加。「スポーツ分野における協力と交流を活性化して国際競技で民族の尊厳と団結した姿を誇示するための実践的問題を協議し、共同報道文を採択した」という。

同通信の報道全文は次のとおり。

北南スポーツ分科会談

【平壌11月3日発朝鮮中央通信】歴史的な「9月平壌共同宣言」履行のための北南高位級会談の合意に従って、スポーツ分科会談が2日、北南共同連絡事務所で行われた。

会談には、ウォン・ギルウ体育省次官を団長とする北側代表団とロ・テガン文化体育観光部次官を首席代表とする南側代表団が参加した。

会談で双方は、スポーツ分野における協力と交流を活性化して国際競技で民族の尊厳と団結した姿を誇示するための実践的問題を協議し、共同報道文を採択した。---

    関連記事