【ソウル共同】韓国最高裁は元徴用工訴訟の上告審で、原告の個人請求権は1965年の日韓請求権協定では消滅していないと判断し、新日鉄住金に請求通り計4億ウォン(約4千万円)の…続きを読む

    関連記事