北朝鮮の後継者である金正恩氏の誕生日用プレゼントを満載して平壌に向かっていた貨物列車が脱線する事故が起き、当局が原因を調査中だと韓国の「開かれた北韓放送」が報じた。

同局は、平安北道の保衛部(秘密警察)情報筋の話を引用し次のように伝えた。

「11日に、新義州発平壌行の貨物列車が塩州(ヨムジュ)駅と東林(トンリム)駅間を走行中に脱線する事故が起きた。(列車全体の) 40両中8両が脱線した。この列車には1月8日の金正恩氏の誕生日を祝うための贈り物で一杯だった。保衛部は大騒ぎになった」

その原因について情報筋は次のように分析した。

「北朝鮮の鉄道は施設が老朽化しており、枕木が腐食していたり、飛び出していたりする。しかし、今回は鉄道の損傷が激しいことを考えると、列車が通過する時間に合わせて、何者かが線路を故意に傷つけたことが考えられる。金正恩氏の後継体制に反対する何者かの仕業の可能性が高いと見られる」

平壌〜新義州旅客列車は1日1便運行されるが、貨物列車の場合は貨物が載せられてから運行されるので、運行時刻は決まっていない。1日に数便運行される日もあれば、数日運行されないこともある。

情報筋によると、積載されていたプレゼントは時計やテレビなどの高級品だったという。北朝鮮では、金日成氏と金正日氏の誕生日を「民族最大の名節」だ。この日になると、労働党、人民軍、内閣の幹部に、高級時計やテレビなどを様々な贅沢品が「下賜」される。