北朝鮮は道路事情が劣悪なことで知られるが、北部山間部の両江道(リャンガンド)では8日、一度に6人が死亡する痛ましい事故が起きた。

現地の情報筋によると、事故が起きたのは、両江道の道庁所在地の恵山(ヘサン)と、「革命の聖地」として知られる三池淵(サムジヨン)を結ぶ道路。この区間は、今年に入ってから5件もの死亡事故が起きている。

3月には、貨物トラックと乗用車6台がアイスバーンにハンドルを取られ、次々と国境を流れる鴨緑江に転落。荷台に乗っていた人を中心に76人が死亡し、30人余りが重傷を負う事故もあった。

(参考記事:あっという間に300人が死亡…北朝鮮の交通事故が壮絶な理由

今回は貿易事業所所属の8トントラックが横転し、荷台に乗っていた6人が投げ出され死亡、ドライバーと助手席に乗っていた貿易事業所の職員2人は重傷を負い、病院で手当てを受けている。

一行は、中国に輸出する松の実を取るために山奥に向かった帰りだった。貿易事業所にバイトとして雇われた6人は、荷台に満載された松の実の上に乗っていたため、事故の際に車外に投げ出されてしまったものと思われる。事故の知らせを聞いた近隣住民が負傷者の救助に向かったが、遺体と松の実が散乱する惨状に言葉を失ったという。

経済制裁下に置かれた北朝鮮では、松の実などの植物が格好の外貨稼ぎの材料となっている。