北朝鮮と韓国は5日、2007年の南北首脳宣言(10・4宣言)11周年を記念する共同行事「10・4宣言発表11周年記念民族統一大会」を平壌で開催した。朝鮮中央通信が伝えた。

金正日総書記と韓国の廬武鉉大統領(当時)が発表した同宣言には、朝鮮戦争の終戦宣言や平和協定を目指すことが盛り込まれている。同宣言を記念する行事を南北が共同で開くのは初めて。

北朝鮮側は金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長や李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長らが参加。韓国からは趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官や盧武鉉財団理事長でもある李海瓚(イ・ヘチャン)共に民主党代表らが参加した。

大会では今年の南北首脳会談で発表された「板門店(パンムンジョム)宣言」と「9月平壌共同宣言」の履行の徹底を訴える共同アピールが採択された。共同アピールでは「わが民族の運命はわれわれ自らが決定する」「この地で戦争の危険を完全に終息させ、われわれの領土を核兵器と核脅威のない平和の地盤に作ってく」などとうたわれている。