北朝鮮国営の朝鮮中央通信は29日、金正恩党委員長が創立70周年を迎えた金策(キム・チェク)工業総合大学を訪問したと伝えた。訪問の日時は明らかにされていない。

金正恩氏は同大学について、「わが国の科学技術教育と人民経済の自立的発展、国防力強化に大きな貢献をした」と称賛。

続けて「科学技術強国、人材強国建設に関する党の戦略的構想を貫徹するうえで金策工業総合大学が占める位置と任務がたいへん重要である」と述べ、「大学教員と研究者が『科学によって飛躍し、教育によって未来を保障しよう!』というスローガンをより高く掲げ、国の科学技術発展と経済建設を力強く牽引する先頭馬車、機関車になるとの期待と確信を表明」したという。

金正恩氏は、同大学の教員、研究者らと記念写真を撮影した。

訪問には朝鮮労働党中央委員会の朴泰成(パク・テソン)副委員長、党中央委員会のと崔東明(チェ・ドンミョン)部長が同行。洪瑞憲(ホン・スホン)大学総長、キム・リョンイル大学党委員長が迎えた。

同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩同志が創立70周年を迎えた金策工業総合大学を訪問して教師、研究者を祝い、記念写真を撮る

【平壌9月29日発朝鮮中央通信】敬愛する最高指導者金正恩同志が、創立70周年を迎えた金策工業総合大学を訪問して教師、研究者を祝い、彼らと共に記念写真を撮った。

金正恩同志を現地で、金策工業総合大学の洪瑞憲総長、同大学のキム・リョンイル党委員長が迎えた。

敬愛する最高指導者同志は、金策工業総合大学はわが国の科学技術教育と人民経済の自立的発展、国防力強化に大きな貢献をした大学である、この栄誉ある大学の創立70周年を迎えて教師、研究者を直接会って祝うことをうれしく思うと述べ、社会主義祖国の富強・繁栄と未来のために教育・科学研究活動に奮励努力していく大学の全ての教師、研究者にわが党と政府を代表して祝賀の挨拶を贈ると胸熱く語った。

敬愛する最高指導者同志は、科学技術強国、人材強国建設に関する党の戦略的構想を貫徹するうえで金策工業総合大学が占める位置と任務がたいへん重要であると述べ、大学の教師、研究者が「科学によって飛躍し、教育によって未来を保障しよう!」というスローガンをより高く掲げて国の科学技術発展と経済建設を力強く牽引する先頭馬車、機関車になるとの期待と確信を表明し、彼らと共に記念写真を撮った。

敬愛する最高指導者同志は続けて、金策工業総合大学の革命事績館を訪れて金日成主席と金正日総書記が国の総合的な初の工業技術大学を創立し、革命発展の各時期、各段階に大学が進む方向と方途を明示して温かく導いてくれたことについて感慨深く回顧した。

最高指導者同志は、金策工業総合大学は党が一番信じて誇り、推し立てる大学の中の大学であると述べ、この大学の科学教育活動を引き続き強化し、発展させていくことに力を集中してこそ、経済強国建設のカギも手に確固と握りしめることができると語った。

最高指導者同志は、金策工業総合大学が70年の誇らしい年輪を刻んできた輝かしい伝統をしっかり継いで今後も、科学技術研究と人材養成の誇らしい成果で党と革命を守っていかなければならないと語った。

敬愛する最高指導者同志は、大学で新世紀の要求に即して教育の質的水準を絶えず高めて学生を革命性が強く、高い探究能力と応用能力を身につけた創造型の人材、赤い科学者に育成することに関する綱領的な課題を提示した。

敬愛する最高指導者同志は、金策工業総合大学を世界一流の大学に転変させることが党中央の意図で革命の要求であると述べ、大学の教育条件と環境、教育内容と方法を改善するうえで提起される問題を明らかにし、このための大いなる恩情を施した。

朝鮮労働党中央委員会の朴泰成副委員長、党中央委員会の崔東明部長が同行した。---

    関連記事