北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長は19日、平壌の万寿台議事堂で、文在寅大統領の特別随行員として訪朝した韓国の与野党代表らと会談した。朝鮮中央通信が伝えた。

与野党代表は民主党の李海瓚(イ・へチャン)、民主平和党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)、正義党の李貞味(イ・ジョンミ)の3氏。

会談には北朝鮮側から最高人民会議の安東春(アン・ドンチュン)副議長、朝鮮社会民主党中央委員会のリ・グムチョル副委員長らが同席した。

同通信の報道全文は次のとおり。

金永南委員長が南側の諸政党代表と談話

【平壌9月20日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である最高人民会議常任委員会の金永南委員長が19日、平壌の万寿台議事堂で南側の諸政党代表に会った。

金永南委員長は、歴史的な北南首脳対面のために平壌を訪問中の文在寅大統領の特別随行員である共に民主党の李海瓚代表、民主平和党の鄭東泳代表、正義党の李貞味代表に会って談話した。

最高人民会議の安東春副議長、朝鮮社会民主党中央委員会のリ・グムチョル副委員長、関係者がこれに参加した。

談話は、同胞愛的な雰囲気の中で行われた。---

    関連記事