北朝鮮国営の朝鮮中央通信は20日、金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)と文在寅韓国大統領が19日、前日に続いて首脳会談を行い、「9月平壌共同宣言」に署名、共同記者会見で発表したことなどを伝えた。

金正恩氏は会見で、文在寅氏との会談で「朝鮮半島を核兵器も、核脅威もない平和の地につくるために積極的に努力していくことを確約した」と強調。さらに、文在寅氏にソウルを訪問することを約束したと述べた。

文在寅氏は、南と北が韓半島で戦争を起こしかねない全ての危険をなくすことで合意し、「南北軍事共同委員会」を稼動して合意事項履行のための常時的協議を行うことにしたことについて述べた。

また、「南と北が交流と協力をいっそう増大させ、民族経済をバランスを取って発展させるための実質的な対策を取る」と強調。続けて、金正恩氏がソウル訪問の要請を快く受諾したと述べ、その実現により、南北関係の画期的な転機がもたらされるとの確信を表明した。

文在寅氏はさらに、「金正恩委員長が韓半島非核化の道を明確に示し、核兵器も、核脅威も、戦争もないことを願う全同胞と世界の輿望に応えた」と述べ、「金正恩委員長の決断と実行に深い敬意を表する」とした。

両首脳は発表に続き、午餐と晩餐会を共にした。

同通信の一連の報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長が文在寅大統領の宿所を訪れて第2日会談を行う

【平壌9月20日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が19日、文在寅大統領の宿所である百花園迎賓館を訪れて第2日会談を行った。

敬愛する最高指導者同志と李雪主女史は宿所を訪れて文在寅大統領夫妻に会って温かいあいさつをし、歓談した。

敬愛する最高指導者同志は、文在寅大統領と第2日会談を行った。

会談には、わが方から朝鮮労働党中央委員会の金英哲副委員長が陪席した。

南側からは、国家情報院の徐薫院長が陪席した。

会談では、歴史的な板門店(パンムンジョム)宣言を正確に履行していこうとする双方の意志を再び確認し、それを実行していくうえで堅持すべき重要な問題と具体的な対策案を定立したし、北と南が差し当たり取るべき幾つかの実践的措置について合意した。

金正恩同志と文在寅大統領は、互いに心と志を合わせ、相手を尊重して信頼する立場と姿勢を持って誠実に努力することで、敵対と対決が極化していた北南関係を画期的に転換させて驚くべき変化と結実を成し遂げた貴重な成果と経験に基づいて、今後も和解と協力の時代に応じ、こんにちの関係発展を確固と保証する措置を引き続き講じていくための方途的問題を真しに話し合った。

今年に入り3回にわたって行われた北と南の最高首脳たちの対面と会談は、不信と論争で一貫していた過去の古びた惰性(だせい)から脱して信義と協力で問題を妥結する新しい対話の姿を見せたし、長い対決と断絶の時代から対話と協力の新しい時代を開いた歴史的転換点となる。---

金正恩国務委員長が文在寅大統領と共に「9月平壌共同宣言」に署名

【平壌9月20日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が19日、文在寅大統領と共に「9月平壌共同宣言」に署名した。

署名式には、わが方から朝鮮労働党中央委員会の金英哲、李洙墉の両副委員長、努光鉄人民武力相(陸軍大将)、朝鮮労働党中央委員会の金與正第1副部長、祖国平和統一委員会の李善権委員長が参加した。

南側からは、青瓦台国家安保室の鄭義溶室長、統一部の趙明均長官、外交部の康京和長官、国防部の宋永武長官、文化体育観光部の都鐘煥長官、国土交通部の金賢美長官、海洋水産部の金栄春長官、青瓦台の金顯哲経済補佐官が参加した。

敬愛する最高指導者金正恩同志と文在寅大統領が「9月平壌共同宣言」に署名すると、参加者は熱烈な拍手喝采を送った。

北南両首脳は宣言文を交換し、「9月平壌共同宣言」の誕生を祝って意義深い記念写真を撮った。

歴史的な「9月平壌共同宣言」は、全同胞の一様な志向と要求に即して4・27板門店(パンムンジョム)宣言を全面的に忠実に履行して北南関係の発展をより加速化し、民族の和解・団結と平和・繁栄の新しい全盛期を開いていくうえで重要な里程標となる。

続いて、歴史的な板門店宣言履行のための北南軍事分野の合意書が調印された。

わが方から努光鉄人民武力相(陸軍大将)が、南側からは国防部の宋永武長官が合意書に署名した。---

金正恩国務委員長と文在寅大統領が「9月平壌共同宣言」関連の共同発表を行う

【平壌9月20日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が19日、文在寅大統領と共に「9月平壌共同宣言」に関連する共同発表を行った。

敬愛する最高指導者金正恩同志が「9月平壌共同宣言」に関連して発表を行った。

敬愛する最高指導者同志は、板門店(パンムンジョム)宣言履行の豊かな収穫を抱いて文在寅大統領と歴史的な宣言に署名したことについて述べた。

また、今回、北南関係の前進をより加速化して民族の和解と平和・繁栄の新しい時代を引き続きつないでいくための問題を真しに論議したことについて述べた。

そして、民族自主の原則に基づいて北南関係を全面的に発展させていくための実践的対策について話し合い、軍事分野の合意書を採択したし、朝鮮半島を核兵器も、核脅威もない平和の地につくるために積極的に努力していくことを確約したと強調した。

さらに、各階層の往来と接触、多面的な対話と協力、多様な交流を活性化して、民族の和解と統一の大河が北南の三千里に溶々と流れるようにするための具体的方途も協議したと述べた。

続けて、宣言には新しい希望で高鳴る民族の息吹があり、強烈な統一の意志で燃える同胞の魂があり、遠からず現実として広げられるわれわれみんなの夢が盛り込まれていると述べた。

敬愛する最高指導者同志は、文在寅大統領にソウルを訪問することを約束したと述べ、平和と繁栄へ向かう聖なる旅程でいつも両手を固く取り合って先頭に立って共に進む意志を表明した。

続いて、文在寅大統領が発表を行った。

文在寅大統領は、南と北が韓半島で戦争を起こしかねない全ての危険をなくすことで合意し、「南北軍事共同委員会」を稼動して合意事項履行のための常時的協議を行うことにしたことについて述べた。

また、南と北が韓半島の完全な非核化のために国際社会と緊密に協議し、協力していくことにしたと述べた。

そして、歴史的な板門店宣言以後、韓半島とその周辺には巨大な歴史的出来事が起きていると述べ、南と北が交流と協力をいっそう増大させ、民族経済をバランスを取って発展させるための実質的な対策を取ることにしたことについて強調した。

続けて、金正恩委員長がソウル訪問要請を快く受諾したと述べ、金正恩委員長のソウル訪問によって南北関係の画期的な転機がもたらされるとの確信を表明した。

さらに、こんにち、金正恩委員長が韓半島非核化の道を明確に示したし、核兵器も、核脅威も、戦争もないことを願う全同胞と世界の輿望に応えたと述べ、金正恩委員長の決断と実行に深い敬意を表すると強調した。

文在寅大統領は、南北関係が動揺することなくつながっていくと確言しながら、去る春に韓半島には平和と繁栄の種がまかれ、こんにちは秋の平壌で平和と繁栄の実が結ばれていることについて喜びを表した。---

金正恩国務委員長が文在寅大統領と昼食会

【平壌9月20日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が19日、歴史的な北南首脳対面のために平壌を訪問中の文在寅大統領と昼食を共にした。

敬愛する最高指導者同志と李雪主女史は、平壌の玉流館の前で文在寅大統領と金正淑女史を温かく迎えた。

朝鮮労働党中央委員会の金英哲、李洙墉の両副委員長、金與正党第1副部長、平壌市党委員会の金能五委員長、祖国平和統一委員会の李善権委員長、平壌市人民委員会の車熙林委員長をはじめ、党と政府の幹部が昼食会に同席した。

昼食会には、青瓦台国家安保室の鄭義溶室長、統一部の趙明均長官、外交部の康京和長官、国防部の宋永武長官、文化体育観光部の都鐘煥長官、国土交通部の金賢美長官、海洋水産部の金栄春長官、国家情報院の徐薫院長、山林庁の金才賢庁長、青瓦台警護処の朱英訓処長、青瓦台の金顯哲経済補佐官、青瓦台の金鍾天儀典秘書官、青瓦台国政企画状況室の尹建永室長、青瓦台の金宜謙代弁人をはじめ、南側の随行員が同席した。

敬愛する最高指導者金正恩同志と李雪主女史が、文在寅大統領夫妻と共に昼食会場に姿を現すと、参加者は熱烈な拍手で歓迎した。

昼食会は、終始和気あいあいとした雰囲気の中で行われた。---

金正恩国務委員長が文在寅大統領と夕食会

【平壌9月20日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が19日、文在寅大統領と平壌大同江水産物食堂で夕食を共にした。

平壌市民らは、意外に訪れた北南両首脳にお目にかかるようになった激情と歓喜に満ちて熱烈に歓迎した。

敬愛する最高指導者同志と文在寅大統領は、熱狂の歓呼を上げる市民らに温かいあいさつを贈った。

朝鮮労働党中央委員会の金英哲、李洙墉の両副委員長、朝鮮労働党中央委員会の幹部である韓光相、金與正の両氏、平壌市党委員会の金能五委員長、祖国平和統一委員会の李善権委員長、平壌市人民委員会の車熙林委員長と南側の随行員らが夕食会に同席した。

夕食会は、和気あいあいとした睦まじい雰囲気の中で行われた。

夕食会に先立って、文在寅大統領夫妻は食堂で平壌市民たちに会って談笑も交わした。---

    関連記事