平壌を訪問中の文在寅韓国大統領は20日、北朝鮮の金正恩党委員長の案内で、白頭山(ペクトゥサン)を訪れる。韓国青瓦台(大統領府)が発表した。金宜謙(キム・ウィギョム)報道官によると、金正恩氏が白頭山訪問を提案し、文大統領が受け入れた。20日早朝に出発する。

(参考記事:金正恩氏が韓国大統領を連れて行く「恐怖写真」の撮影場所

中国との国境にある白頭山(標高2744メートル)は、朝鮮半島の最高峰。文在寅氏は板門店(パンムンジョム)で行われた1回目の会談(4月27日)で、「まだ叶えていない夢があるが、白頭山と蓋馬(ケマ)高原をトレッキングすることです。金委員長がその願いを必ず実現させてくれると信じている」と述べていた。

その後、金正恩氏は7月上旬と8月中旬の2回にわたり、白頭山の麓にある三池淵(サムジヨン)郡を視察していた。文在寅氏の訪朝を想定した、事前の下見だった可能性もある。