北朝鮮の金正恩党委員長と韓国の文在寅大統領は19日、前日に続き平壌で首脳会談を行い、「9月平壌共同宣言」に署名して発表した。韓国政府が公開した宣言の全文は次のとおり(編集部訳)。

9月平壌共同宣言

大韓民国の文在寅大統領と朝鮮民主主義人民共和国の金正恩国務委員長は、2018年9月18日から20日まで平壌で南北首脳会談を行った。

両首脳は歴史的な板門店宣言以降、南北当局間の緊密な対話と疎通、多方面的な民間交流と協力が進み、軍事的緊張緩和のための画期的な措置が取られるなど立派な成果があったと評価した。

両首脳は民族自主と民族自決の原則を再確認し、南北関係を民族的和解と協力、確固とした平和と共同繁栄のため一貫して持続的に発展させていくことにし、現在の南北関係の発展を統一につなげていくことを願う、全ての同胞の志向と熱望を政策的に実現するため努力していくことにした。

両首脳は板門店宣言を徹底して履行し、南北関係を新たな高い段階に進展させていくための諸般の問題と実践的な対策を、虚心坦懐かつ深く議論し、今回の平壌首脳会談が重要な歴史的な転機になるだろうという認識を共にし、次のように宣言した。