韓国の文在寅大統領は18日午前、北朝鮮の金正恩党委員長と今年3回目となる首脳会談を行うため、専用機で平壌に到着した。空港では金正恩氏が出迎えた。

(参考記事:「南北首脳会談? もう関心ないね」北朝鮮国民のシラけた本音

これに先立ち、北朝鮮の朝鮮中央通信は同日朝、文在寅氏が20日まで平壌を訪問することを伝えた。同通信は「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言の履行となる今回の平壌首脳対面は、新しい歴史を開いていく北南関係の発展をいっそう加速させる重大な契機になるだろう」と意義を強調した。

韓国大統領が北朝鮮を訪問するのは2000年の金大中氏、2007年の盧武鉉氏に続き3回目となる。