検証:米軍の「金正恩暗殺」計画(1)

米トランプ政権は北朝鮮との緊張が高まっていた2017年10月、有事に備え空軍に金正恩党委員長を暗殺する訓練を極秘に行わせていた――トランプ米政権の内幕を描いた『恐怖(FEAR)』では、このように暴露されている。

では具体的に、米軍はどのような方法で金正恩氏を殺そうとしていたのか。分析する上で参考になりそうなのが今年1月、軍事専門家のジェフリー・ルイス氏が米メディアのデイリー・ビーストで発表した、「北朝鮮を脅かす最も謙虚な提案」というコラムだ。同氏はこの中で、米国は金正恩氏に脅威を与えるため、同氏専用のトイレを空爆すべきだと主張している。

確かに、金正恩氏には普通の人と同じトイレを使えないツライ事情がある。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

その点をうまく突くならば、金正恩氏に対するピンポイント攻撃が可能になるわけだ。

ルイス氏は、北朝鮮が公開した写真に金正恩氏専用と見られるポータブル・トイレが確認できたことから、これをピンポイントで爆撃することによって米国の攻撃能力の正確さを見せつけることができると述べている。ジョークではなく、大真面目な主張なのだ。

さらにルイス氏は、トイレは「金正恩氏に脅威と屈辱を与える攻撃目標ではあるが、核兵器による報復に踏み切らせるような大規模攻撃とはならないターゲットだ」と主張している。

だが、これはどうだろうか。確かに、北朝鮮軍は食糧不足や軍紀のびん乱により、危機に即応できる状態ではないと思われる。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

だからこそ金正恩氏は、国営メディアを通じ「米本土全域がわれわれの核打撃射程圏の中にあり、核のボタンがつねに私の事務室の机の上に置かれている」と豪語していた。自分のトイレを爆撃されながら、米国に対して反撃を行わなければ「金正恩は戦えない」――すなわち弱虫であるというレッテルを貼られかねない。

(参考記事:「アメリカ軍に勝てるはずない…」北朝鮮の幹部に動揺広がる

無論、米軍の考えはルイス氏の主張とは異なっていたはずだ。『恐怖』によれば、米空軍の暗殺訓練では地下施設を破壊する「バンカーバスター」が高度150メートル程度の低空から投下されたほか、別の訓練ではアフガニスタンで実際に投下した大規模爆弾が使われた。トイレを壊すのに、こんなたいそうなものは必要ない。

米軍はやはり、限られたチャンスの中で、確実に暗殺を成功させなければ、核による報復のリスクが大きいと読んでいたのではないか。

もちろん、米軍のそうした読みは金正恩氏も承知であり、万全の備えで守りを固めていた。(つづく)

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記