北朝鮮の首都・平壌で今月、仮想通貨を支えるブロックチェーン技術に関する国際会議が初めて開催される。

スペインに本部を置く朝鮮親善協会はウェブサイトで、今年9月27日から10月4日まで、「朝鮮国際ブロックチェーン会議」が開催されると明らかにした。同協会は北朝鮮の対外文化連絡委員会の特使を務めるとされるスペイン人、アレハンドロ・カオ・デ・ベノス氏が委員長を務めている。

(参考記事:北朝鮮シンパのスペイン人男性が武器取引で逮捕…北の公務員の肩書も

会場は平壌市内の瑞山(ソサン)ホテルで、10月1〜2日には、会議の共同主催者でマルタに拠点を置くトークンキー社のクリストファー・エムズCEOが登壇し、ブロックチェーンの生態系、規制条件、支払いのソリューションなどについて語る。他の登壇者は今のところ決まっていない。また、3日には北朝鮮企業との商談が予定されている。

一方、会議の前の9月28日から30日までは平壌市内の観光名所や板門店などを巡る観光ツアーが予定されており、会期中には5月1日競技場でのマスゲームを楽しむプログラムも含まれている。

会議ツアーの参加費用は3200ユーロ(約41万5000円)だが、日本人と韓国人、イスラエル人は参加できない。