シリアのバッシャール・アサド大統領が28日、北朝鮮の建国70周年に際し、金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)に祝電を送った。またコンゴのジョゼフ・カビラ大統領も18日に祝電を送った。いずれも朝鮮中央通信が8月31日付で伝えた。

アサド氏は祝電で、「(両国の)友好・協力関係を親善的な両国人民の利益と福利に即して強化していこうとするわれわれの意志を確言する」などとしている。

同通信が伝えた両首脳の祝電全文は次のとおり。

金正恩国務委員長にシリア大統領から祝電

【平壌8月31日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である国務委員会の金正恩委員長にシリアのバッシャール・アサド大統領から28日、祝電が寄せられた。

祝電は、次の通り。

私は、貴国の民族的祝日である朝鮮民主主義人民共和国創建70周年に際してシリア・アラブ人民と私自身の名義で閣下と貴国人民に心からの祝賀を送ることになるのをとても嬉しく思いつつ、閣下が健康で幸福であることと、併せて友好的な貴国人民に更なる進歩と繁栄があることを願う。

われわれは、この立派な契機にシリア・アラブ共和国と朝鮮民主主義人民共和国間に存在する友好・協力関係を親善的な両国人民の利益と福利に即して強化していこうとするわれわれの意志を確言する。

閣下に、最も崇高な敬意を表する。---

金正恩国務委員長にコンゴ大統領から祝電

【平壌8月29日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である国務委員会の金正恩委員長に18日、コンゴ(旧ザイール)のジョゼフ・カビラ大統領から祝電が寄せられた。

祝電の全文は、次の通り。

私は、朝鮮民主主義人民共和国創建70周年に際して全てのコンゴ人民と私自身の名義であなたに熱烈な祝賀を贈る。

私は、この幸せな機会にあなたの指導の下で貴国の経済を発展させ、全朝鮮人民の幸福と繁栄を成し遂げるための新たな戦略的路線が成果を収めることを願う。

あなたが健康で、貴国を導く活動で大きな成果を収めることを祈るとともに、委員長閣下に崇高な敬意を表する。---

    関連記事