同紙は、この行為は米国が自分らの不当で強盗さながらの「先 非核化」企図が失敗する場合に備えて北侵戦争を挑発し、天罰を受けるべきことまで強行する犯罪的悪巧みをしているということを示しているとし、次のように強調した。

われわれは表では微笑を浮かべて対話を行い、裏では悪名高い特殊部隊の殺人悪党らを駆り出して秘密訓練まで行っている米国の2重的態度を重大視せざるを得ない。

米国がかつて万能の武器のように使っていた古びた「砲艦外交」方式で持って誰それを驚かして何か不純な目的を達成できると思ったならば、大きな誤算である。

米国は、熟考すべきである。---

    関連記事