インドネシアの首都ジャカルタで18日、第18回アジア競技大会の開会式が行われ、韓国と北朝鮮は2月の平昌冬季五輪に続き合同入場した。

(参考記事:北朝鮮女子、エグすぎる…アジア大会でなんと「16ゴール」を奪って爆勝!

韓国と北朝鮮は今回、バスケットボール女子、カヌー、ボートの3競技で合同チームを結成した。

入場行進での旗手は、韓国側はバスケットボール女子のイム・ヨンヒが、北朝鮮側はサッカー男子のチュ・ギョンチョルが務めた。また来賓席では韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と北朝鮮の李龍男(リ・リョンナム)副総理がともに観覧した。