日本の反動層は、まず情勢を緊張させ、それをいいことにして軍事大国化の野望を実現しようとしている。

日本を戦争国家につくるのは、安倍一味の最終目標である。

彼らは、朝鮮半島で平和体制が樹立されれば軍事大国化実現の名分を失うかもしれないので非常に不安がっている。

日本の反動層は、われわれによる「脅威」を口実に銃声を鳴らし、火薬のにおいを漂わせて情勢を激化させてこそ、自分らの目的を達成することができると見なしている。

平和の破壊者としての安倍一味の好戦的正体は、時間が経つにつれてことごとくさらけ出されている。---

    関連記事