同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が金山浦塩辛加工工場を現地指導

【平壌8月8日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が、李雪主同志と共に金山浦塩辛加工工場を現地で指導した。

最高指導者は、工場の全景図の前で解説を受けて昨年に工場に対する現地指導以降、執行した課題と塩辛製品の生産状況を調べた。

工場で当該機関との連携の下で昨年と今年、アミとイカナゴ、カタクチイワシ、貝の各塩辛をはじめ塩度と辛味が異なる30余種の塩辛の試作品を完成して7種の塩辛製品数百トンを生産し、従業員住宅をはじめ一部の建物の仕上げ工事と備品の設置を終えたという報告を受けて、その間多くのことをしたとたたえた。

    関連記事