2016年4月に発生した北朝鮮レストラン従業員の集団脱北事件は、もともと「美人ウェイトレス」たちが日本や韓国などの観光客たちの間で人気だったこともあり、大きなセンセーションを呼んだ。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

しかし今、その注目度の高さが韓国政府への爆弾となって跳ね返り、炸裂しようとしている。

北朝鮮の朝鮮中央通信と労働新聞は21日、韓国政府に対し、中国の北朝鮮レストランから集団亡命した女性従業員らを即時送還するよう要求する論評を配信した。

亡命事件は、韓国の朴槿恵政権下で発生した。北朝鮮は当時から一貫して、亡命ではなく韓国の情報機関による「誘引・拉致」であると主張してきた。現在の文在寅政権は、彼女らが自由意思により入国したとの主張を崩していないが、最近になり、それを否定する当事者証言が相次いでいる。

(参考記事:北朝鮮が明かした「美人ウェイトレス誘拐」の生々しい場面

朝鮮中央通信も労働新聞も、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会事業が迫っていることに言及。「わが女性公民の送還問題が早急に解決されなければ、日程にのぼっている北南間の離散家族・親せきの面会はもちろん、北南関係の前途にも障害が来たされかねない」(労働新聞)などと主張した。

南北離散家族は高齢化しており、再会事業はこれ以上、先延ばしにできない問題だ。また、南北対話を切望してきたこの人々の中には、文在寅政権の強力な支持者も多い。それをよく知る北朝鮮は、ここぞとばかりに揺さぶりをかけているわけだ。

本当に自由意思によらず韓国行を強いられた女性従業員がいたなら、「自らの意思により北朝鮮に帰国する道を開くべきだ」との声は、韓国社会にも国際社会にも根強い。

韓国政府はこれまでにも、たとえ本人が希望しても、脱北者が本国へ帰ることを許さなかった。これには、人道的な見地から問題がないわけではない。しかし、「韓国に来てみたけど、期待はずれなのでやっぱり帰る」ということを許容してしまうと、北朝鮮の工作員は脱北者に偽装し、容易に韓国社会に浸透できるようになる。

そうでなくとも、北朝鮮は脱北者に対する様々な工作活動を繰り広げてきた。故郷の家族を人質に取られている脱北者は、北朝鮮当局の工作に対しぜい弱なのだ。

(参考記事:美人タレントを「全身ギプス」で固めて連れ去った金正恩氏の目的

集団亡命が本当に自由意思によるものなら、韓国側が北朝鮮の揺さぶりをはね返すのも難しくはなかったろう。しかし今回に限っては、明らかに韓国側の旗色が悪い。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記