北朝鮮の学生たちにとって、夏休みは必ずしも楽しいばかりのものではない。学校や国家から、様々な課題を押し付けられたり、組織生活や思想の総括を強いられたりするからだ。

いちばん憂鬱なのは、海外にいる留学生かもしれない。国に呼び戻されれば、外国の自由な空気から離れなければならないだけでなく、下手をすると一生を棒に振ることにもなりかねないからだ。

(参考記事:北朝鮮の留学生が怯える「恐怖の夏休み」…家族と生き別れの例も

それほどでもないにせよ、まだ幼い中学生らも憂鬱な問題を抱えている。

北朝鮮で、青少年は春に30日、夏に30日、秋に45日間、農村支援に動員される。この期間、学生たちは学校にも行かずに家族から離れて、協同農場で農作業をしなければならない。中学校3学年から大学を卒業するまでずっとだ。

この他にも、国家のひっ迫した外貨事情を支えるため、学校が主導する「忠誠の外貨稼ぎ運動」に動員される。両江道(リャンガンド)の情報筋が米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に語ったところでは、現地の中高生は輸出用の「トゥルチュク」(和名クロマメノキ)採集に動員されるという。これはブルーベリーの一種で、酒、ゼリー、ジャムなどに加工され、輸出されている。また、北朝鮮を訪れる外国人観光客の定番の土産でもある。

もし、この課題から逃れたいと思えば、生徒らは学校に中国人民元で50元の「免除金」を上納しなければならない。裕福な家庭ならいざ知らず、庶民の子にとっては大金である。

ところが最近では、少なくない中高生が、この金額を上納するのだという。しかも、自分でアルバイトをして貯めたお金を払うのだ。咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋はRFAに対し、次のように語っている。

「多くの中高生が、家の生計を助けるために金を稼いでいるのだ。わが国の中高生にとって、夏休みはいつの間にか労働の季節になった。働かないのは幹部やトンジュ(金主、新興富裕層)の子どもぐらいだ」

子どもたちの多くは、輸出向けの軽工業品を作る工場で、手作業に従事するのだという。そうすれば、学校に免除金を払ってもけっこうな額が残るのだと言うが、工場の中には、「女工哀歌」並みの少女搾取を行っている現場もある。

(参考記事:北朝鮮企業が少女たちの「やわらかい皮膚」に目をつけた理由

そんな庶民の子どもたちをよそに、金持ちの子の中にはハメを外し過ぎて、大問題を起こす向きもいる。

(参考記事:北朝鮮で少年少女の「薬物中毒」「性びん乱」の大スキャンダル

幼いときから苦労を買って出て、資本主義に触れた北朝鮮の子どもたちが、いずれその経験を生かしてビジネスを学び、あの国を立て直してくれることに期待したい。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記