人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

歴代、日本の反動層が総聯(朝鮮総聯)を対朝鮮敵視策動の第一の標的とし、それに反対する謀略と弾圧蛮行を数多く働いたが、今回のように幼い在日朝鮮人生徒らの物品にまで手をつけて童心までめった切りにする卑劣な事件はかつてなかった。

これにより、自分らの犯罪的な野望を達成するためなら初歩的な人道主義と人倫もためらわずに踏みにじる日本固有の奸悪さと道徳的低劣さ、この世で最も汚らわしい人権蹂躙国の真面目が再び赤裸々にさらけ出された。

まさに、事件発生の一日前にジュネーブで行われた国連人権理事会の会議で「日本では政府の黙認の下、在日本朝鮮人が差別されている」という朝鮮代表の正当な主張に日本側は「根拠のない主張」だの、「日本には在日本朝鮮人を差別するような法制度も存在しない」だのと強弁を張り、図々しくも「相互不信を克服する用意がある」というたわごとを並べ立てた。

    関連記事