キューバ共産党のラウル・カストロ第1書記とキューバ国家評議会のミゲル・ディアスカネル議長は6月28日、前月18日に発生した国内線旅客機の墜落事故を巡り、北朝鮮の金正恩党委員長から寄せられた慰問電に対する答電を送った。朝鮮中央通信が1日付で伝えた。

同通信の一連の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長にキューバ共産党第1書記から答電

【平壌7月1日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である金正恩労働党委員長にキューバ共産党中央委員会のラウル・カストロ・ルス第1書記から6月28日、答電が寄せられた。

答電は、次の通り。

同志

私は、去る5月18日にキューバで旅客機事故が発生したことであなたが慰問を表してくれたことに対して謝意を表す。

最も崇高な敬意を表する。---

金正恩国務委員長にキューバ国家評議会委員長から答電

【平壌7月1日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である金正恩国務委員長に、キューバ国家評議会議長兼閣僚評議会議長であるミゲル・ディアスカネル・ベルムデス同志から6月28日、答電が寄せられた。

答電は、次の通り。

同志

私は、去る5月18日に起きた悲劇的な旅客機事故によってキューバが痛みをこらえていた時期に、あなたが深甚なる慰問と親しい連帯を表してくれたことに対してキューバ人民と政府、そして被害者遺族の名義で心からの謝意を表す。

最も崇高な敬意を表する。---

    関連記事