北朝鮮当局が今年初めから国内で大々的に行っている「非社会主義的現象」に対する取り締まり。当局が考えるところの「好ましからざる行為」を広範囲に取り締まるものだが、具体的に何が行われているか、とんでもない実態がわかってきた。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、北朝鮮当局は女性がミニスカートを着用するのを「非社会主義的」であるとして禁じ、これを破り着用した人に対しては、中国人民元で30元(約500円)の罰金刑を課しているという。まるで日本の学校の生活指導のようなことが国全体で行われているということだ。

ミニスカートといっても、どれくらいの丈のものが禁じられているのかは詳らかでないが、金正恩党委員長の夫人である李雪主(リ・ソルチュ)氏も、ひざ上のスカートをしょっちゅう着用しているではないか。

(参考記事:【写真特集】李雪主――金正恩氏の美貌の妻

そもそも金正恩氏は、愛用の「極太ズボン」に見られるように、洋服のセンスは良いとは言えない。そのセンスに対しては北朝鮮の少年少女からも、「ダサい」「人間の価値を下げる」など無慈悲な批判の声が聞かれる。

(参考記事:金正恩センスの制服「ダサ過ぎ、人間の価値下げる」と北朝鮮の高校生

ちなみに非社会主義的現象とは、文字通り北朝鮮が標榜する社会主義の気風を乱すあらゆる行為を指す。たとえば賭博、売買春、違法薬物の密売や乱用、韓国など外国のドラマ・映画・音楽の視聴、ヤミ金融、宗教を含む迷信などなどだ。もちろん、その他の刑事事犯も含まれる。

(参考記事:一家全員、女子中学校までが…北朝鮮の薬物汚染「町内会の前にキメる主婦」

しかし実際のところ、北朝鮮には社会主義の気風などほとんど残っていない。1990年代に計画経済と配給システムが崩壊したために、その後はなし崩し的に市場経済化が進行。その過程で、売買春や薬物の乱用が、資本主義国も真っ青な勢いで蔓延した。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

北朝鮮当局は、それらの取り締まりキャンペンーンを繰り返し行ってきたが、「根絶やし」とはほど遠いのが現状だ。

賭博や売買春についてならば、北朝鮮の人々も「違法である」との意識を持っている。しかしミニスカの着用を社会悪と見なしている人などほとんどいないだろう。庶民の支持を得られない取り締まりが、決定的な効果を上げることはないのだ。

金正恩氏はいい加減、そういった心理に気づいた方が良い。その方がよほど、国家運営が楽になると思うのだが。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記