日本防衛相が米国と日本、南朝鮮が対朝鮮圧力を続けていくことで合意したと発言したが、会談後の共同記者会見ではこの問題が全く言及されなかった。

同紙は、朝米首脳の対面は日本がいくらブレーキをかけて意地悪く振る舞っても、朝鮮半島と地域に到来している和解と平和、安定と繁栄を目指す歴史の流れを絶対に阻めないということをはっきり実証したと強調した。

また、不安感にとらわれた安倍は朝鮮半島の情勢を悪化させようとする不純な策動に東南アジアの国々を引き入れようと愚かに画策しているのだと指摘した。

同紙は、日本が「国際的圧力」についてしつこくけん伝しながら軍事力増強に狂奔しているのは、地域情勢の流れから完全に押し出された自分らの哀れな境遇を覆い隠そうとする断末魔のあがきにすぎないと暴いた。---

    関連記事